ウォーターサーバーの水は安全?

日本では加熱殺菌も濾過による除菌もしていないミネラルウォーターは、私の知る限り一本も製造されていません。その理由は何なのでしょうか。それは、日本には厚生省げ挙げた一定の条件を充たすミネラルウォーターの原水が、ほとんどないからです。

じつは、日本でミネラルウォーターを製造しているメーカーの多くは、採水する井戸とボトリングする工場が別の場所にあり、井戸から汲んだ水をトラックに積み工場に輸送してからボトリングしています。

だから。源泉から採水した水をそのまま容器に充填する”ということができません。採水地から原水をトラックで輸送しているということは、原水が井戸からトラックのタンク、そして工場のタンクと運ばれる途中で外気に触れる可能性が高くなることを意味します。その間に“有害な菌に汚染されない”ようにするのは難しいはずです。だから、日本で製造されているミネラルウォーターの中で、原水をそのまま無殺菌で販売できるものは数えるほどしかないのです。これがほとんどの日本の水が殺菌または除菌をしている理由です。

日本の一部の学者や関係者には「加熱殺菌しているから日本のミネラルウォーターはヨーロッパのものよりも安全である」という人がいます。でも、殺菌さえしていれば、その水は本当に安全といえるのでしょうか。確かに加熱殺菌をすることで、人体に危害をおよぼすような病原菌の類は、すべて死滅してしまいます。しかし、ミネラルウォーターの原水に含まれる危険要素は、病原菌ばかりではありません。

たとえば、その発ガン性が認められているトリクロロエチレンやテトラクロロエチレンなどの有機溶材や、ゴルフ場で公然と使用されている除草剤や殺虫剤といった農薬も、ミネラルウォーターの原水である“地下水”を汚染している危険物質であるはずです。こうした化学物質は加熱したから除去できるという性質のものではありません。もちろん1994 年に改正された現行の基準には、日本のミネラルウォーターの原水に。

農薬やPCB 類が検出されてはならない” という条項が付加されました。しかし、日本のメーカーがヨーロッパのような水源周辺の環境保全に取り組まない限り、ダイオキシンに代表される「環境ホルモン物質」といった新たな危険物質が、今後もミネラルウォーターの水源を汚染しないという保証はどこにもないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>