自動車保険の見積りを比較する時の注意点

自賠責保険とはどのような保険なのか

自賠責保険は強制保険である

わが国の自動車保険は、加入が強制されている自動車損害賠償責任保険( 強制保険) と、加入が強制されていない任意保険の2 本立てになっています。強制保険は、その名のとおり法律で加入が義務づけられている保険です。

これに対して、強制保険でカバーしきれない部分の損害賠償金を補うのが任意保険です。任意保険には特約を追加することができます。

事故の被害者は加害者から損害賠償を受けることになるわけですが、もし、自動車保険に入っていなければ、加害者がまったく資力のない人であった場合、被害者が救われません。

そこで、強制的に保険に加入させることによって、最低限の補償を確保し、被害者の保護を図ろうとする制度が強制保険です。被害者保護という制度の趣旨のため、人身損害についてだけ保険金が支給されます。

物損についての自動車保険の支給はありません。自賠責保険の代わりに、農協、全労災などの自賠責共済に加入することもできます。自賠責保険に加入していない自動車( 無保険車) は公道を走ることができません。

これに違反して運転すると、1 年以下の懲役または50万円以下の罰金が科されます。強制保険と呼ばれるのはそのためです。人身損害については、傷害による損害( 死亡に至るまでの傷害による損害も同じ) で120万円、死亡による損害で3000万円が自賠責保険からの支払限度額とされています。

後遺障害が残った場合については、14 級から1 級まで等級が定められており、損害の程度によって支払限度額が定められています。支払限度額は、一定の障害に該当し、介護を要する後遺障害の場合は4000万円、それ以外の場合は3000万円、がそれぞれ限度額となっています。

傷害事故で賠償額が120万円を超える場合は、加害者が任意保険に加入していれば、超える額について任意保険から補てんを受けることができます。

死亡事故の場合の損害賠償について知っておこう

死亡した場合にはどうなる

事故の被害者が死亡した場合、加害者に自動車保険を請求することができるのは被害者の相続人です。

相続人となる組み合せは、①配偶者と子( 胎児も含む) ・孫などの直属卑属、②配偶者と父母・祖父母などの直系尊属、③配偶者と兄弟姉妹またはその子( 被害者のおい・めい) です。

さらに、死亡した被害者の配偶者・子・父母はそれぞれ自己の権利として、事故で被った精神的苦痛に対する慰謝料を請求することができます。

損害については、①死亡するまでに費やした治療費や死亡後の葬儀費用などの積極損害、②逸失利益、③慰謝料の3 つがあります。逸失利益は、生存していれば得られたであろう収入のことをいいます。

被害者が死亡したときの収入や、定年退職までの残りの可働年数、被害者の年齢、性別など、個別に損害額を算定していく必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>