ウォーターサーバーの水は安全?

日本では加熱殺菌も濾過による除菌もしていないミネラルウォーターは、私の知る限り一本も製造されていません。その理由は何なのでしょうか。それは、日本には厚生省げ挙げた一定の条件を充たすミネラルウォーターの原水が、ほとんどないからです。

じつは、日本でミネラルウォーターを製造しているメーカーの多くは、採水する井戸とボトリングする工場が別の場所にあり、井戸から汲んだ水をトラックに積み工場に輸送してからボトリングしています。

だから。源泉から採水した水をそのまま容器に充填する”ということができません。採水地から原水をトラックで輸送しているということは、原水が井戸からトラックのタンク、そして工場のタンクと運ばれる途中で外気に触れる可能性が高くなることを意味します。その間に“有害な菌に汚染されない”ようにするのは難しいはずです。だから、日本で製造されているミネラルウォーターの中で、原水をそのまま無殺菌で販売できるものは数えるほどしかないのです。これがほとんどの日本の水が殺菌または除菌をしている理由です。

日本の一部の学者や関係者には「加熱殺菌しているから日本のミネラルウォーターはヨーロッパのものよりも安全である」という人がいます。でも、殺菌さえしていれば、その水は本当に安全といえるのでしょうか。確かに加熱殺菌をすることで、人体に危害をおよぼすような病原菌の類は、すべて死滅してしまいます。しかし、ミネラルウォーターの原水に含まれる危険要素は、病原菌ばかりではありません。

たとえば、その発ガン性が認められているトリクロロエチレンやテトラクロロエチレンなどの有機溶材や、ゴルフ場で公然と使用されている除草剤や殺虫剤といった農薬も、ミネラルウォーターの原水である“地下水”を汚染している危険物質であるはずです。こうした化学物質は加熱したから除去できるという性質のものではありません。もちろん1994 年に改正された現行の基準には、日本のミネラルウォーターの原水に。

農薬やPCB 類が検出されてはならない” という条項が付加されました。しかし、日本のメーカーがヨーロッパのような水源周辺の環境保全に取り組まない限り、ダイオキシンに代表される「環境ホルモン物質」といった新たな危険物質が、今後もミネラルウォーターの水源を汚染しないという保証はどこにもないのです。

ウォーターサーバーとミネラルウォーターどっちが安全?

ウォーターサーバーとミネラルウォーターどっちが安全?

最近、水の安全性に関心が集まっています。

市販のミネラルウォーターと、宅配されるウォーターサーバーとでは、
どちらが安全なのでしょうか?

さっそく、ミネラルウォーターがどうやって作られているのか調べてみました。

主な原水の種類は

市販されているミネラルウォーターは、ミネラルの量に差があっても「特定水源より採水された地下水」であることに変わりはありません。この原水となる地下水には次のような種類があります。

温泉水●自噴する水温が25℃以上の地下水、または、温泉法に規定される溶存物質等により特徴付けられる地下水のうち飲用に適したもの

鉱泉水●自噴する地下水のうち水温が25℃以下の地下水で、溶存物質等により特徴付けられる

地下水鉱水●ポンプ等で取水した地下水のうち、溶存物質等により特徴付けられる地下水 ほかにも湧水(自噴している地下水)、深井戸水(深井戸から取水した地下水)、浅井戸水へ浅井戸から取水した地下水)、伏流水へ上卞を不透水層に挟まれた透水層が河川を交わるとき透水層内に生じる流水)などが原水として使われます。

厳しい品質管理

ヨーロッパでは無殺菌・無除菌で製造されるのにくらべ、日本やアメリカでは、原水を加熱殺菌、もしくは同等以上の効力を有する方法で殺菌または除菌ろ過することが前提とされています。

その方法には「85℃30分の加熱殺菌」や、これと同等以上の効力を有する殺菌法として「120~140℃数秒の高温瞬間殺菌」、加熱をしない「ろ過フィルターによる除菌」「オゾン殺菌」などが行われています。

次に、殺菌を終えたミネラルウォーターは、充填機で自動的にボトリングされ、キャップで密栓密封。そして、ミネラルウォーターの顔とも呼べるラベルが貼られ、ダンボール箱に詰められて、私たちの手元に届けられるのです。

このように、出荷までに厳しい品質検査が行われています。安全な飲用水として、メーカーはミネラルウォーターに事故や間違いが起こらないように、細心の注意を払い、国は何重もの法の網をかぶせてバックアップしているといえるでしょう。 あとは、利用目的に合わせ、自分がおいしく感じる水、自分に合った水を見つけて飲み続けること。

またいくつものブランドを楽しみながら、用途によって使い分けること、これがミネラルウォーターの120%活用法です。体のためと無理するよりも、それぞれの水の特性を知り、水の個性を引き出してミネラルウォーターを楽しみましょう。