自動車保険の過失相殺

■自動車保険ではどのように過失相殺が行われるのか

過失相殺は、交通事故によって生じた被害者の損害を、公平性の観点から、被害者の過失の度合に応じて減額して賠償する制度です。では、自賠責保険と任意保険では、過失相殺の仕方について、異なる点があるのでしょうか。

任意保険の場合、ほとんどの事故で過失相殺をします。任意保険では重過失( ちょっとした注意で事故を避けられたのにその注意を怠った場合) だけでなく軽過失であっても過失相殺の対象にするからです。

これに対して、自賠責保険( 強制保険) については、被害者に重大な過失があった場合に限って過失相殺をします。

害者が強制保険で重過失が認定されるのは、①信号を無視して道路を横断した場合、②横断が禁止されている場所を横断した場合、③道路上に寝ていた場合、④信号を無視して交差点に進入し衝突した場合、⑤センターラインを超えて衝突した場合などです。

さらに、過失相殺される減額率も定型化されており、死亡と後遺障害が発生した場合について、20、30、50% の3 段階、傷害の場合は、20% だけです。これに対して、任意保険では、過失の程度を問わず、過失相殺をします。

相殺によって減額する率は、過失割合認定基準表から過失割合を導き、それに従って減額します。任意保険は、実際に発生した損害をてん補する制度なので、軽過失の場合でも相殺が行われ、ち密に査定した上で、相殺率が決められるのです。

過失相殺する額の計算方法は、まず被害者の損害の総額を算出し、この総損害額に被害者の過失割合を掛けてその額を総額から控除します。そして、控除後の額から強制保険から補てんされた保険金の額を差し引き、残りの額について任意保険から支払いを受けることができます。

自賠責保険で損害額の補てんが足りた場合は、任意保険からの支払いはないことになります。

■被害者の素行が悪いために損害が拡大した場合

事故後の被害者の素行が悪いために治療が長期化したり、ヶがなどの症状がさらに悪化した場合、その損害すべてについて加害者が責任を負わなければならないのでしょうか。

過失相殺の制度は、当事者間の損害の公平な分担のために、被害者の過失を考慮して賠償額を決定するものです。そこで、このような場合、過失相殺によって、損害賠償の支払いを減額できる可能性があります。

事故の後に、被害者が通常要求される注意を怠ったために、ヶガが悪化した場合など、損害が拡大したときも、過失相殺の制度が適用されます。ただ、事故後の過失と拡大損害の間との因果関係の証明は非常に難しいものです。

このため、一応、加害者の責任を損害全額について認めた上で、過失を認定して過失相殺を行い、実際の賠償額を算定する方法をとっています。裁判例によっては、50% の過失相殺を認めたものもあります。

自動車保険の見積りを比較する時の注意点

自賠責保険とはどのような保険なのか

自賠責保険は強制保険である

わが国の自動車保険は、加入が強制されている自動車損害賠償責任保険( 強制保険) と、加入が強制されていない任意保険の2 本立てになっています。強制保険は、その名のとおり法律で加入が義務づけられている保険です。

これに対して、強制保険でカバーしきれない部分の損害賠償金を補うのが任意保険です。任意保険には特約を追加することができます。

事故の被害者は加害者から損害賠償を受けることになるわけですが、もし、自動車保険に入っていなければ、加害者がまったく資力のない人であった場合、被害者が救われません。

そこで、強制的に保険に加入させることによって、最低限の補償を確保し、被害者の保護を図ろうとする制度が強制保険です。被害者保護という制度の趣旨のため、人身損害についてだけ保険金が支給されます。

物損についての自動車保険の支給はありません。自賠責保険の代わりに、農協、全労災などの自賠責共済に加入することもできます。自賠責保険に加入していない自動車( 無保険車) は公道を走ることができません。

これに違反して運転すると、1 年以下の懲役または50万円以下の罰金が科されます。強制保険と呼ばれるのはそのためです。人身損害については、傷害による損害( 死亡に至るまでの傷害による損害も同じ) で120万円、死亡による損害で3000万円が自賠責保険からの支払限度額とされています。

後遺障害が残った場合については、14 級から1 級まで等級が定められており、損害の程度によって支払限度額が定められています。支払限度額は、一定の障害に該当し、介護を要する後遺障害の場合は4000万円、それ以外の場合は3000万円、がそれぞれ限度額となっています。

傷害事故で賠償額が120万円を超える場合は、加害者が任意保険に加入していれば、超える額について任意保険から補てんを受けることができます。

死亡事故の場合の損害賠償について知っておこう

死亡した場合にはどうなる

事故の被害者が死亡した場合、加害者に自動車保険を請求することができるのは被害者の相続人です。

相続人となる組み合せは、①配偶者と子( 胎児も含む) ・孫などの直属卑属、②配偶者と父母・祖父母などの直系尊属、③配偶者と兄弟姉妹またはその子( 被害者のおい・めい) です。

さらに、死亡した被害者の配偶者・子・父母はそれぞれ自己の権利として、事故で被った精神的苦痛に対する慰謝料を請求することができます。

損害については、①死亡するまでに費やした治療費や死亡後の葬儀費用などの積極損害、②逸失利益、③慰謝料の3 つがあります。逸失利益は、生存していれば得られたであろう収入のことをいいます。

被害者が死亡したときの収入や、定年退職までの残りの可働年数、被害者の年齢、性別など、個別に損害額を算定していく必要があります。

ウォーターサーバーのおすすめ

ウォーターサーバーで処理された水道水は、水道本管を通って家庭まで届けられ、そこからは家庭側に設けられた水道給水管で蛇口まで引き込まれている。結局水は長い時間、管の中を流れたり、溜まったりしているわけだが、その間に管の材質が水に溶け出したり、鉄管だと錆びて赤褐色の水が出るようになり、カルキ臭がひどくなる。赤い水の主成分は鉄分なので、健康への影響はないが、材質の種類によっては、発ガン性物質、環境ホルモンなどが溶出するので、見過ごすことはできない。

水道本管の材質は主に鉄で、現在はダクタイル鋳鉄管が最も多く使用されている。鉄は錆びやすいので内側に塗装がほどこされるが、以前はコールタールやアスファルトエナメルで行っていた。その後発ガン性が問題となり、現在は丈夫で安全性が高いとされる、エポキシ樹脂に切り換えられた。しかしエポキシ樹脂やポリカーボネート樹脂などの原料に使用される、ウォーターサーバーが水道水から検出され、水道管から溶出する疑いが出てきた。この物質については、動物実験で雄ラットの精子減少が確認されたことから、いわゆる環境ホルモンと見られるため、環境団体などが使用中止を求めている。

水道本管から家庭側に引き込まれる給水管の材質として、ウォーターサーバーが使われている。種類も多く材質もさまざまたが、耐久性や施工のしやすさ、価格などで選ばれ、安全性はあまり考慮されていない。塩ビは原料となるモノマーに発ガン性があり、耐熱性の塩ビ管は安定剤として、毒性の強いジブチルスズ化合物が使用されているため、湯を通すと成分が溶出することなどが指摘されている。ただ水道水中に溶出していると見られる物質の濃度や、人の健康への影響についての正確なデータは少ない。

給水管の材質と健康との関係で、最も問題となっているのが鉛管だ。鉛が体内に入ると肝臓、神経障害などを起こすため、昔は化粧品などに使われていたが、今は直接触れるものには使われていない。それがなぜ飲み水に関係する給水管に使用されているのか、疑問を感じる人も多いだろう。それはヨーロッパで水道がつくられたとき、耐久性があり材質が溶けない鉛管が給水管として選ばれ、わが国でもそれにならっで鉛管を水道に採用した。ところが溶出しないはずの鉛が水道水から検出され、大きな問題となった。原因は水質の違いで、ヨーロッパのような硬水では溶けないが、日本では軟水のため金属を溶かす力が非常に強く、鉛が溶け出してしまうわけだ。

水道水に溶けている量自体は微量で、飲んでもすぐ健康に影響があるとはいえないが、長期間飲み続けた場合、体内に鉛が蓄積して、重金属による障害に侵される心配がある。そこで水道局では、給水管の一部に使われている鉛管の取り替えを進め、現在はほとんどが交換されている。ただ水道局が取り替えるのは、各家庭の宅地内一メートル程度にある第一止水栓までで、それより内側は利用者の負担となる。

ウォーターサーバーのは無殺菌、フィルター除菌されている

先ほど、日本のウォーターサーバーは殺菌(または除菌)をしているのに対し、ヨーロッパ(EU加盟国)のナチュラルミネラルウォーターは無殺菌のままである、と説明しましたが、厳密にいうと、ミネラルウォーター類は、その殺菌方法によって、以下の4つに分類されます。

無殺菌ウォーターサーバー

加熱処理をはじめとするいかなる殺菌処理も、フィルターによる除菌処理もせず、地下の水源から汲み上げたそのままを、空気に触れることなくボトリングしているもの。一切の処理がされていないので、真の意味で“天然水”と呼ぶことができる。ヨーロッパで製造されているすべての〈ナチュラルミネラルウォーター〉がこれにあたるが、日本にはこれに該当するものはない。

フィルター除菌ウォーターサーバー

加熱などによる殺菌処理はしていないが、セラミックや中空糸膜などの濾過フィルターを用いて、除菌処理をしたもの。有害な雑菌を取り除いてあるのはもちろん、非加熱であるため、水に含まれるミネラルが減少したり水のおいしさの要素である酸素や炭酸ガスが失われることがなく、自然に近いおいしさが味わえる。ただし雑菌と同時に人体に有益な生菌も除去されてしまう。

非加熱殺菌ウォーターサーバー

加熱殺菌でもフィルター除菌でもなく、オゾン殺菌や紫外線殺菌といった非加熱の殺菌処理をしているもの。日本のメーカーで使用しているところは少ないが、アメリカではこれらの殺菌方法が最もポピュラーである。非加熱だけに水のおいしさは保てるが、その安全性に疑問を抱く向きもある。日本ではこの殺菌をした水はナチュラルミネラルウォーターとは認められない。

加熱殺菌ウォーターサーバー

日本の食品衛生法にある85度で30分以上加熱するか、それと同等の熱量を加えたもの」という定めに従って殺菌したもの。日本で市販されている商品の多くが、この方法を採用している。ただし実際の処理の仕方は各メーカーによってまちまちである。

安全面では最も確実な方法だが、微量ではあるが水の中の酸素や炭酸ガスが失われ、ミネラル分か減少、変質する可能性がある。あくまで衛生という観点からいえば、ミネラルウォーターの殺菌処理を否定することはできません。

しかし、飲んでおいしく、また健康維持に役立つという点を考慮すれば、製造工程でのミネラルウォーターの処理は、なるべく少ない方が望ましいといえます。ですから、飲むという目的であれば、加熱殺菌の水よりも、無殺菌、またはフィルター除菌のミネラルウォーターを選ぶ方がいいでしょう。しかし、炊飯や料理、またはコーヒーや紅茶をいれるといった目的に使用する場合は、結局、加熱をするわけですから、加熱殺菌をした水でも全く問題はありません。

1日に飲む水の量はどのくらい?

体内の水分が多い男性は、こうした肌のトラブルが比較的表れにくいのですが、反対に水分が少ない女性はすぐ表面化してしまうのです。そして皮膚以上に多くの水分を必要とするのが“筋肉”です。筋肉は、その80パーセント近くが水でできており、人間の体内で最も多く水分を含んでいる組織。

ですから筋肉が発達している人ほど体内の水分量が多く、みずみずしい肉体をしていることになります。そういう意味でも、筋肉組織の多い男性の体は、女性よりも水分を多く抱えていることになるわけです。よく、ぽちやぽちゃと太っている人を“水太り”といいますが、実際は反対です。

脂肪が多く筋肉が少ない人ほど、体内の水分が足りないのです。普通の人の体内の水分量が60パーセントとすると、肥満体形の人は50パーセント以下しか水分がなく、反対に筋肉質の人は70パーセント近くも水分が含まれている場合があるそうです。肥満の人がよく水を飮むのは、常に体内の水分が不足しているから。また、筋肉質はプールで沈むのに、肥満の人は浮いてしまうというのも、水分を多く含む筋肉組織が水より重いからです。

それでは、人間は1日にどのくらいの量の水を摂取しなければならないのでしょうか。まず、1日に体外に排出される水の量は2?3リットルほどです。その内訳は尿として1~2リットル、汗や呼吸、そして自分では気づかない皮膚からの”不感蒸泄”として1リットル前後、あとは便の中に含まれる水分がO.1リットルくらい。もちろん夏の暑い日や、スポーツで体を動かした時などは大量の汗が出ますから、5リットル以上にも達することがあります。

ですから、健康な生活を維持するためにはそれと同量の水分補給が必要となります。しかし、夏場にビールを何リットルも飲む人はいますが、毎日毎日2?3リットルもの飲料水を飲む人はまずいません。人間が水分補給するのは、飲料水からだけではありません。水分は食べ物にも含まれています。

。もちろん、スポーツなどで汗を流した時は流した汗の分だけ水を補給する必要があります。ほんの10年ほど前までは「スポーツ中に水を飲むと疲れる」といった間違った常識がまかり通っていましたが、スポーツ医学が進歩した現在では、その危険性が指摘され、オリンピックなどの公式試合においても、試合中の水分補給が認められるようになってきました。特にテニスやマラソンなど数時間も連続して運動を行なう競技の場合、水分補給はより重要といわれています。

ウォーターサーバーを導入する理由

古代の水道は川や湖の水を都市に引き入れ、そのまま家庭に給水していたが、近代水道になって汚れを除去するためろ過されるようになった。初期の水道では、一八〇〇年代にイギリスで考え出された、緩速ろ過法が使われていた。これは砂利や砂を敷きつめたろ過層に、水をしみ込ませて汚れを除去するもので、圧力をかけず自然の流れを利用するため、流速は一日四~五メートルと、名前通りのゆっくりとろ過する方法。しかし十分に時間をかけてろ過するため、水中の浮遊物や細菌はほとんど除かれ、鉄、マンガン、フェノールといった水をまずくする物質もかなり除くことができる。そのうえ塩素の量も少なくてすむため、ろ過された水は自然のままのおいしい水になる。

緩速ろ過は地上に降った雨が、落ち葉の層や土壌にしみ込み、地層の砂利や岩石によって時間をかけてろ過される仕組みを人工的に行う処理法。処理のための干不ルギーや薬品の必要もなく、環境にやさしい処理技術といえるが、緩速ろ過にも大きな欠点があった。それは流速が遅いため、処理に時間がかかることだ。したがって大量の水を処理するためには、ろ過池の面積を広く取らねばならない。しかも粒の大きさがIミリ程度の砂を約七〇センチの厚さに敷きつめたろ過池は、使っているうちに汚れが砂に付着して、目詰まりを起こして一層流速が落ちてしまう。そこで水を一時止めて、砂を洗って付着した汚れを取らなければならない。広い面積を必要とし、メンテナンスに手間がかかるという問題点があった。

この問題点を解決するために、一八八〇年ごろ米国で急速ろ過法が開発された。この方法は水中の汚れを、硫酸アルミニウムなどの薬品を加えて強制的に沈でんさせ、その上澄みを急速ろ過池を通してきれいにする。流速が一日一〇〇~一五〇メートルと速いため、ろ過池の面積は緩速ろ過法の三〇分の一程度ですむ。しかしその反面、細菌や水をまずくする物質の除去は困難で、殺菌のための塩素や処理効率を高めるための水処理薬品を加える必要があるため、薬臭くなり水の味は一層悪くなる。

一八八七年にイギリスの技術により、日本で初めて横浜に完成した近代水道も、緩速ろ過法によるもので、以後各地にこの方式の水道がつくられた。超高層ビルが林立する新宿新都心一帯が、昔は東京都淀橋浄水場の跡地だったことを、今では知る人は少ない。かつてそこには広大な緩速ろ過池が広がっていた。しかし緩速ろ過では人口の急増による需要増に追いつかなくなり、急速ろ過に切り替えられ、空いた土地はピル用地として転売された。東京以外の大都市も、同じような事情から次々と急速ろ過を導人した。あまり人口増が見込まれない地方都市でも、水道工事会社から「緩速ろ過なんて時代遅れですよ」といわれ、慌てて急速ろ過に替えたところもあり、その流れは全国に広がっていった。

今専門家の間では、省子不で環境にやさしく、しかも細菌や水をまずくする物質まで取り除くことがきる緩速ろ過を見直す動きがあるが、現在の浄水場をまた緩速ろ過に戻すことは難しいだろう。このように水道の水がまずくなった原因を、浄水方式の面から考えてみると、ここにも環境汚染、効率の追求といった現代社会のひずみが、その根底にあることが分かる。